Detail Information

Hojibolanca※
オヒブランカ※
原産国   :スペイン
実の大きさ :大実
用途    :テーブル・オイル両用
樹型    :直立型
樹勢    :強い
自家結実性 :あり ※1本でも実がつきます
開花時期  :普通 ※生育環境や生育状態によって変わる場合があります
育てやすさ :★★★★★
剪定のし易さ:★★★★★
マニア度  :★★★★★
出荷時期  :育成中 出荷未定

※在庫ありの状態でも、鉢のサイズ(6号、8号、10号)やその時々の生育具合によっては出荷できない場合もありますので、販売店舗の方へお問い合わせください。

2017年に小倉園がイスラエルから導入した品種。
スペインを代表するオリーブの品種で、主にコルドバ、マラガ、セビリア、グラナダなどで200,000ヘクタールを超える面積に渡り栽培されているテーブル・オイル両用品種です。
この品種は、強いアルカリ性の土壌に耐性があり、干ばつに強く耐寒性もあり、病気に強く生育旺盛で非常に頑丈であるため、非常に育てやすい品種であると言えます。
また、樹型も直立型なので、剪定がしやすいです。
開花時期は普通で、自家結実性があるため1本でも実をつけます。
生産性は高く、毎年大きな実をたくさんならせます。果肉のしっかりとした質感のために、グリーンオリーブやブラックオリーブのピクルスとして非常によく利用されます。また、オイル含有率は低いですが、そのオイルの品質は非常に高品質であるため、高級エクストラバージンオイルとしても流通されます。
※日本に数多く出回っているオヒブランカ(ホジブランコと呼ばれることもあります)は、実はピクアルの変異種であることがスペインのコルドバ大学へのDNA鑑定の依頼の結果明らかになりました。こちらが正真正銘本物のオヒブランカです。実の形も現地で確認しましたので、本物であると確信を持って言えます。

No.ES-0052

olive