事業内容

小倉園では、観葉植物やオリーブを栽培しています。
世界で初めてベンジャミンの“ネジリ仕立て”を考案し、日々新たな創造を重ねています。
また、希少品種を含め100種類以上のオリーブの挿し木繁殖を行っています。

Concept

小倉園のコンセプト

  • Ornamental foliage plant
    観葉植物栽培

    小倉園は、日本の観葉植物業界において確かなブランドを確立しています。それは、徹底した“品質への追求”に重きを置いているためです。 観葉植物の新たな可能性を日々追い求め、その品質への追究を日々重ねています。

  • オリーブ栽培

    小倉園では、オリーブがお客様の元に渡った後も、丈夫で生き生きとした苗であり続けられるよう、日々育成についての研究を重ねています。また、オリーブを栽培するにあたり、主に4つのこだわりを持って愛情を込めて取り組んでいます。

    樹形へのこだわり

    用土へのこだわり

    鉢へのこだわり

    品種へのこだわり

    Olive trees
  • Activity
    小倉園の活動

    定期的にオリーブ教室を開催し、オリーブの品種と特性、植え付け・植え替え、施肥、病害虫、剪定などのセミナーと実演も行っています。

    お近くの場所で開催されるときは是非お越しください。

【新 着 情 報】

10月よりジャンボカラマタ出荷開始
[2018年09月20日]

大変長らくお待たせいたしました!

世界でも1,2位を争う大きさの実をならせるジャンボカラマタ。
※品種の詳細情報はこちら

今まで苗木の数が少なかったため高価な値段設定になっていましたが、2014年に大幅に繁殖数を増加させることに成功し、そしてその苗がついに、出荷できるサイズに生育したため、今までより安価な苗の提供が可能となりました!


「2018年 10月1日」より、『従来の卸値の半額』にて出荷いたします!


(※小売価格は販売店により異なります)

今まで欲しかったけれど、高くて手が出せなかった方、すでに持っているけれど、もっと欲しい方、などなど。
この機会にぜひご購入されてみてはいかがでしょうか!


news
  • ☆☆ トピック ☆☆

    topic

    業界待望の新品種がまもなく登場!!
    --小倉園のオリジナル品種を只今パテント申請中です--



    「フィカス ルビギノーサ “ユキ”」

    小倉園のオリジナル品種です。

    小倉園で育成していたフランスゴムから突然変異で偶然産出された、綺麗な斑の入ったフランスゴムの枝変わり種です。

    非常に明るく黄色い綺麗な斑が特徴的で、斑の入り方が「フィカスアルテシマ」に非常によく似ています。ですが、アルテシマとの最大の違いは、その葉の大きさです。特大サイズの葉になるアルテシマに対し、この品種はフランスゴムなので、葉の大きさがそこまで大きくなりません。葉の大きさが小さめのため、木を小さく作り込んだ場合、アルテシマのような豪快な見た目にならず、非常に“可愛らしい”、纏まった見た目になりやすいです。




    この品種名の“ユキ”とは、漢字で「幸」と書きます。



    品種名の“ユキ”は、当園代表の奥さんから名前を取った、というのもありますが、黄色い斑が特徴的なこの品種、“黄色”は、古来より「幸福」を表す色として使われてきたという歴史があります。

    それにあやかって



    「この品種が飾ってある家庭に幸せが訪れますように」



    という願いを込めて当園代表が名付けた品種名です。

    幸せになりたい人、幸せになって欲しい人、

    母の日に、日頃お世話になっている母への感謝を込めて、などなど・・・

    様々な思いを込めて、この品種をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

    きっと幸せが訪れます。

    なぜなら、あげる人のことを想うその気持ちこそが、一番の幸せへの架け橋になるのですから。



    小倉園では、現在この品種のパテントを申請、取得中です。

    ただ今申請に時間がかかっており、今はまだ出荷が可能ではない状態です。パテントが取得されましたら、出荷を開始いたします。もうしばらくお待ちください。

    (画像をもっと見る)

小倉園は地域に根ざした産業を
心がけています

お客様に喜んでいただけるような観葉植物とオリーブをもっともっと広げたい。
そんな単純な思いを大事にしています。